~母が決めた親子スペイン留学~

サッカーおバカの息子2人とスペイン語に悪戦苦闘の母

スポンサーリンク

【留学書類(16歳以上18歳未満 2018年度版)】

こんにちわ~

kayokanaです。

 

色々ありまして、2018年に長男(16歳)が再度スペインに戻ってきました。

f:id:kayokana:20190508021432p:plain
その時のビザの書類は、今までと同じものと思っていたのですが、変更したのかもしれませんね!違うものでした。

 

スペイン大使館

http://www.exteriores.gob.es/Embajadas/TOKIO/ja/Embajada/Paginas/HorariosLocalizacionContacto.aspx

 

ビザの情報は必ずスペイン大使館にご確認お願い致します

*申請情報は予告なく変更されることがあり、年齢、滞在期間、必要書類など、必ずご

自身でスペイン大使館にご確認、お問い合わせください。

 

ではでは、2018年の長男のビザ申請書類について書いていきたいと思います。

皆さんの参考になればいいな~

 

18歳未満の未成年の留学査証 (長期、6ヶ月以上)

(2018年度版)

★申請には予約が必要です。予約を取るために下記の必要書類をご提出ください。

(郵送可)書類確認後、来館日時をご連絡致します。

*在籍先の学校、滞在期間、現地側の法定代理人名(スペインにおける保護者)を記した親権者又は後見人によって署名された渡航同意書が必要。この同意書は査証申請当日に、当大使館で作成する。そのため、査証申請日には両親が出頭する必要がある。尚、義務教育のため、16歳未満の申請者の場合には語学学校だけの申請は不可。(詳細につては別途問い合わせ)

*申請者は日本人あるいは日本の長期居住許可を持つ外国人に限る。

 

必要書類・条件等:

1. 査証申請書 

必要事項をすべて記入し、申請者本人がパスポートと同じ署名をすること。

スペインの入国は予定日として授業開始日と大体一致すること。

スペイン本国外務省での最終的な審査結果は、後日お知らせいたします。その際に正確な入国日を決定すること。

 

2. 本人出頭(2回)

申請者の親が必ず当大使館に出頭の上、申請、受領のこと。ただし、本人が国外にいる場合は申請不可。

 

3. 写真(4.5×3.5)1枚

申請右上に配付すること。(カラー写真で、背景は白色)

 

4. パスポートとコピー1部

(写真と個人データの頁。記述がある場合のみ追記の頁もコピーが必要)スペインへの入国日より1年以上有効のもの。及びビザ用の余白のページ最低2枚。

 

5. 外国人の場合、日本の在留カード保有していること。(残存期間はスペインへの入

国日より最低1年以上有効のもの)コピー1部提出。

 

6. 入学許可書

公立の教育・科学機関或いは認可された私立機関において、勉学の為、登録を済ませているか、或いは入学を許可されていることを証明するもの。

登録期間は181 日以上であること。

また授業時間数が明記されていること。(スペイン語のみ

原本とコピー1部

 

7. 経済能力証明書

経済能力を証明するものとして、日本からの往復の経費と月額535ユーロ相当額以上(宿泊費も含まれる)のスペインでの滞在費を支弁する能力を証するものとして下記の内のいずれか1つを選択

a) 残高証明書和文でも可)

金融機関もしくは郵便局が発行 ( 押印されていないものは不可)発行日から1ヶ月以内のもの

親と同居している学生の場合は、親名義の残高証明書を提出することも可。

その場合、親子関係を証明するために留学される本人及び残高証明名義人の両名が載っている戸籍謄本と住民票を提出すること。(原本のみ)

b) 給費・奨学金の証明書

スペイン又は他国の公的・私的機関からスペインで勉強する為に充分な給費を受けていることを証明するもの。(原本とコピー1部)

 

8. 宿泊証明

滞在期間中の宿泊先が用意されていることを証明するもの(原本とコピー1)

学校が斡旋する場合は学校の宿泊証明書でも可能。(項目6の入学証明書と1枚にまとめても結構です)

賃貸契約を結ぶ場合は、そのコピー1部。

宿泊証明としてスペイン居住者からの招聘状を提出する場合、責任を負うと表明した公正証書にして提出して下さい。

原本とコピー1部。(スペイン現地の公証人・NOTARIO・に依頼)

 

9. 海外旅行保険

滞在期間中の傷害・疾病に備えての医療費及び日本への一時帰国をカバーするという記

載内容の保険に加入している証明書。(英文あるいはスペイン文)

保険会社の押印なきものは無効。

(クレジットカードに含まれているものは不可)

原本とコピー1部。

 

10. 健康診断書

大使館作成の雛形に基づいて、医師が記入、署名し、医師印及び病院印が押印されたもの。(発行日から1ヶ月以内のもの)(指定病院無し)

 

11. 法定代理人及び、申請者がスペインで同居する人による同意書

申請者の法定代理人が、性犯罪者登録されていないことを確認するための調査に同意するもの。

大使館指定フォームに記入し、法定代理人及び、申請者がスペインで同居する人が署名したものを提出。(原本とコピー1部)

 

12. 未成年の渡航同意書作成用データ記入用紙

査証申請時に渡航同意書を作成するため、ご両親の出頭が必要。

渡航同意書作成に必要な書類については同データ記入用紙を参照のこと。

 

13. 手数料

8,020円(日本国籍の場合、無料)

 

14. 返信用封筒

宛先、郵便番号,宛名を記入し、82円切手を貼ったもの。

審査結果を郵送するため。

 

注意事項:

書類提出から査証発給までの時間の目安は、3~4ヶ月です。

時間の余裕を持って、だいたい出発日の4ヶ月前に書類を郵送するようにお勧め致します。

査証が認可された場合、認可通知書の日付から90日以内にスペインに入国しなければりません。スペインへの入国日より30日以内に居住予定の警察署で、学生証TarjetadeEstudianteを取得して下さい。手続きの詳細は現地でご確認ください。

 

尚、当大使館が申請の内容を確認する為に必要と判断した場合は、申請者に追加書類の提出を要請又、場合によっては領事面会をお願いする場合もあります。

 

書類集めのポイント

未成年者の書類は大人と比べると、証明書、署名書類など多いですね。

海外での事件や人身売買などに巻き込まれないようにだと思います。

f:id:kayokana:20190508021414p:plain

未成年者(18歳未満)の場合、単独渡航でスペイン人宅にホームステイになる事が多いと思います。

渡航日、ビザの申請日が決まったら、提出物に時間がかかりそうなもの(スペイン-日本間での書類の発送など)から取り掛かりましょう。

・発行日から1ヶ月、3ヶ月以内などの有効期限、原本のみ、原本とコピー1部など書類の提出は指示に従いましょう。

 

ビザ申請で注意したほうがいいこと

・必要書類などは予告なく変更されますので、最新情報はスペイン大使館に必ずご確認下さい。

・ビザ関係の大切な書類ですので、必ずご自身でスペイン大使館にご不明な点はご確認、お問い合わせをお願いします。

些細な事でも、こんなこと聞いてもいいのかな~と思うようなことでも、はっきりと答えてくれます。

即、解決しますよ。(私も電話やメールで何度も相談しました。)

そして、去年と今年、半年前と今日と予告なしで変更することがよくあります。

 申請書類情報など、当サイトの情報と相違があった場合、当サイトは責任を負えませんので、ご理解下さい。

 

さあ~、お父さん、お母さん書類集め頑張りましょう!

そして、スペインに行きたい君たち、お父さん、お母さんのお手伝いをしよう!

f:id:kayokana:20190508021351p:plain