~母が決めた親子スペイン留学~

サッカーおバカの息子2人とスペイン語に悪戦苦闘の母

スポンサーリンク

入学許可書 ゲット 不可能?~(2)【子どものビザ申請2】

こんにちわ~

 kayokanaです。

2016年の4月の中旬。

f:id:kayokana:20190508021310j:plain

4月といえば、日本では、入社式や入学式も終わり、新社会人あるいは新入生が目標を持ってわくわくしている時期でもあり、GWが待ち遠しい〜時期ですよね〜!

日本は、4月から『何事も始める!』、って感じです。

海外では、皆さんも知っていると思いますが、4月じゃなくて、9月から新学期が始まる国もたくさんあります。

そうなんです。

スペインも、6月末から9月初めまでの長〜い夏休みが終われば、新学期が始まります。

そして、9月から学校やサッカーも新スタートします。

スペインでの4月は、そろそろ新学期(9月)に向けての学校説明会も終わり、5月には入学、転入などの申請の時期になります。

申請?学校の?

 

あっ!、

申請しなければいけない!

それも、日本から!

 

スペイン語の先生が教えてくれた情報では、次男の小学校の申請書類提出期間はGW明けから1週間以内。

長男、長女の中学生は5月の末あたりから1週間。

らしいのですが...なにすればいいの?

 

 

kayokana.hatenablog.com

 

そこは、先生におまかせして、私は指示待ち女。仕事から帰ると、先生から言われた事をひたすら毎日こなす。

意味のわからないスペイン語訳の書類の作成とにらめっこ。

完成したら、先生にすぐにメールして、また修正。

この繰り返し。

わらないところは、仕事の合間や、仕事が終わったら先生に聞き、そして修正。

睡眠時間3〜4時間位だったような気がする〜。

f:id:kayokana:20190508020453p:plain

まず次男の小学校部門、申請書類住民票身分証明書など、原本とスペイン語訳を提出。

必要があればアポスティーをつける。

次は、中学生部門。同じ書類を提出!

そして、小学校の担当者から連絡があったり、バレンシアに住んでいる先生のいとこのお姉さんからアドバイスをもらったり、他にも書類が必要だ!言われれば、またスペイン語訳で書類作成。

本の学校では、どんな勉強をしているか。

次男の1年生から5年生までの成績表が必要だ。

英語はどのくらいのレベルなのか。

健康診断書、予防接種済みの証明書類提出

など、全てスペイン語で提出。

そして、申請書類提出から、約2ヶ月後。

 

次男、無事、

 

コンセルタード(半私立)の

入学許可書、ゲット!

 

自分で自分を褒めてあげたい〜

よく頑張ったと・・・

f:id:kayokana:20190508021219p:plain

しかし、喜んでる暇はない。

 

次は長男、長女。

同じ書類を提出。

そして、書類提出から、約2ヶ月後。

 

長男、長女、

入学許可書、ゲットならず。

f:id:kayokana:20190508013228j:plain

長男、長女共、希望している中学校10校(公立、半私立)は、すべて定員がいっぱいであり、はっきりと空きがわかるのは9月に入らないとわからないとの事。

次男の場合、希望校の10番目にはいれたのは、9校までは定員いっぱいで、10校目は、その学年に空きがあった。との事だった。

中学生のクラスになるので、スペイン語、あるいは英語ができないと難しいですね。との事。

空きのある学校を探してあげたいのだけど、住む場所が決まらないと学校も決められない。との事。

そして、面接をし、入学許可書はこちらに親御さんが取りに来ていただかなければ、お渡しできません。との事。

 

母はあきらめない!

 

ここで、はじめて、主人に今までのいきさつを細かく説明しました。

主人は、東京に単身赴任中だった為、親子留学計画はそれ程知らない。

まさかここまで動いてたとも思ってないだろう。

知ってたとしても、

『また、無謀なバカなことをし始めてる。』

としか思っていないだろう。

私:『スペインへの留学の事なんやけど、次男だけが入学許可書をもらえた。

スペイン語の先生と色々考えた結果、私と次男だけ先にスペインに入国して、その後、住む場所を決め、長男長女の学校を探すのが1番いいと、次男は運がよかった!と、カクカクシカジカ・・・』

主人:『はあ?』

私:『せっかくコンセルタード(半私立)に行けるようになったから、私と次男と先に行ってみようと思う。行ってみないと何も起こらない!

主人:『はあ〜。考えとく。』

私:『時間がない...けど、宜しくお願いします。』

そして、これで一応主人にも説明したから、

 

反対されても、

強制突破で飛んじゃいますけど・・・私たち。

f:id:kayokana:20190508021116p:plain

8月初めに、私と次男、ビザ申請完了!

 

しかし、出発までは、長男、長女の入学許可書はあきらめない。

と思った矢先。

 

それは夏休みが終わりかけようとしていた頃、

念のために、家の近くの中学校に長男の転校届けを出し、校長先生にも、

私:『長男は、スペインの学校が決まったら、ビザを申請して、許可がもらえるとすぐに転校になると思いますが宜しくお願いします。たぶん順調行くと、来年の1月頃だと思いますが。』と。

9月も始まり、ひさしぶりに日本の学校の友達と通学、学校生活、放課後の遊び。

なんて、楽しそうなんだろう!

 

しかし、その日がやって来た。

 

ある日、長男が、『お母さん、あのさー、なんか日本の中学校楽しいねん。ちょっとだけこっちで生活しようと思うんやけどいいかな?』と...

そっか、小6年の夏から中2の夏までスペインだったもんね!ひさしぶりに友達と遊ぶのも楽しいやろうね。

 

いや!ちゃうやろ!

えっ!日本に住むの?

スペインはどうするの?

サッカー選手の夢は?

私の努力は?

あの書類の山は?

スペインに行ったら、あなたの中学校入学許可書をもらおうとしてたのに〜!

しかし、なぜか、

長男のその言葉を聞いて、今までの疲れがふっとなくなった。

3人連れて行かなければ!という責任感が取れた感じかな。

これからは、次男と私の無事に出発することだけを考えようと思った。

今度は1年後、スペインで申請する。

私はあきらめない。

 

進まざる者は必ず退き

退かざる者は必ず進む

 

結果

次男、入学許可書ゲット!

長男長女、アウト〜!