~母が決めた親子スペイン留学~

サッカーおバカの息子2人とスペイン語に悪戦苦闘の母

スポンサーリンク

いつ、どこで、何が起こるかわからない!海外旅行保険は必ず入りましょう!【長男、サッカーで骨折。】

こんにちわ〜

kayokana です。

突然ですが...

皆さん、海外に行く時には必ず『海外旅行保険』に入ってくださいね〜。

特にサッカーなどスポーツ留学する人!

f:id:kayokana:20190830144349p:plain

うちの長男、またしても『右足骨折』しちゃいました!(確か...今年の1月頃は捻挫でギブスつけてたはず...)
夏休みは、新リーグ戦に向けて日々自主トレーニングをし、準備をしていた。筋トレ、走り込み、ボールを使ってのトレーニングと様々。

そして、今週から練習が始まり、チームを決めるために本気度100%でプレーをしていた矢先に...スライディングをして『骨折』

はあ〜2ヶ月か?

あんなに努力してきた長男。なぜ...こ•っ•せ•つ?

と、残念なのですが、ここはしっかりと保険に入っているkayokana 。

f:id:kayokana:20190831000437p:plain

安心して病院に行けます。

日本は、保険証を持っていたら、どこの病院でも受付けてくれます。

スペインは、スペイン人の場合(税金をしっかり払っている人の場合)本人の担当の病院、医者の所にまず行きます。そして、専門医に行きます。医療費は無料です。

私たちのような留学生の場合は、日本の海外旅行保険もしくは、こちらの保険に加入しないといけません(海外の保険場合は、1年間契約)。

日本の海外旅行保険も、こちらの保険も提携病院があります。(提携病院を探すのが大変ですよね。)

f:id:kayokana:20190830145917p:plainkayokana 家の保険は『DKV社の医療保険』

各都市の私立病院で診てもらえる事ができ、緊急対応24時間、365日OKの保険です。

確か、バレンシア 市内には私立病院は4つくらいあり、スポーツをしている長男、次男にはぴったりです。

今回も、練習中に事故が起き、クラブ内の病院?救急対応室?(学校にある保健室のようなもの)に行き、そしてタクシーを呼び、10分後、病院へ到着。23時前でした。

f:id:kayokana:20190830145938p:plainそれでも、病院の受付の方、先生もみんな優しくてホント、神ですね!

そして、とても綺麗な病院です。

留学生にとっては、病院は至難の業です(kayokana だけかな?)

あまりスペイン語がわからないkayokana は、病院へ行く時は事前に、『どこが、いつから、どんな感じなのか...』を細かくメモをして持っていきます。医療単語なんかさっぱりわからないので、先生はわかりやすくジェスチャーや、絵を描いて説明してくれます。

それでもわからない場合、重要な事があれば紙に書いてくれます。

診察が終わると、もしもの場合を考えて、次回の予約も取ります。(必要なければ事前にキャンセルします。)

スペイン人はみんな優しいのですが、病院の先生はもっと優しいですよ。

f:id:kayokana:20190830233106p:plain

ではでは、大切な事は保険についてですよね!

kayokana の場合、留学1年目からこの保険『DKV社の医療保険』に入ってます。

バルセロナにお住いの日本人の方が保険を取り扱っていて、毎年その方にお願いしています。日本語で質問して、説明も日本語で聞く事も出来るのでとても助かります。

すみません...保険の細かな説明は、毎年変更などがあるらしいのでkayokanaはできませんが、気になる方は↓↓↓。

saludmutua.blogspot.com

だいたい1年間で安くて4万円。高くて8万円程ではないでしょうか?(お問い合わせ下さい。)

『海外で病気も怪我もしない!』と思ってるあなた。

いつ、どこで何が起きるかわかりませんよ!

しっかりとサポートをしてくれる保険に必ず加入しましょう。

ちなみに、長男の骨折『1ヶ月はギブス』だそうです。そして、リハビリ。サッカーできるのは2ヶ月後....

明日から基本魚料理だ!

f:id:kayokana:20190830150121p:plain